仙台市のかつら専門店 Victoire(ヴィクトワール)|男性・女性・医療用・オーダーメイド

仙台市のかつら専門店Victoire(ヴィクトワール)は、一人ひとりに似合うかつらの作成・カット、購入後の調整までご対応いたします。

ホーム ≫ オーダーメイドかつら ≫

オーダーメイドかつら

完全オーダーメイドかつら

「自然な生え際」ヘアスタイルは「自由自在」

特長

生え際を見せる為、フロントは極薄ネットを使用しています。
フロント以外の部分も、薄くて軽いネットを使っていますので長時間かつらを付けていても疲れません。
装着方法は、テープ・金具・エクステ式(24間着脱不要)ホック全てできます。
「完全オーダーメイドかつら」をご利用いただいたお客様の声

完全オーダーメイドだから、増やし方も思いのまま!

完全オーダーメイドだから、増やし方も思いのまま!Before
周りに気づかれず、段階的に増やすことが出来ます。
かつらの購入を考えたときに、最初に気になるのが「急に髪の毛が増えると違和感を感じてしまう」という意見が多いことです。
また、髪の毛が増えた状態で、変わった自分に対して周囲の目が気になる・・・という声もよく聞きます。
ヴィクトワールでは、お客様のライフスタイルや状態に合った 髪の増やし方、かつらのタイプをご提案してきます。
お客様だけの理想のかつらを探してみてはいかがですか?

生え際をより自然に見せるベールタイプとシートタイプ

ベールタイプ

生え際専用です。
0.06mmの極薄のネットでできていて、皮膚感がとても自然です。
生え際から5mmを少し明るめにしてあるため、 生え際の毛のはえ方がより自然に見えます。
(額から”すぐに黒髪”よりもなじみやすい)
装着方法は、フロント部分にテープを使用します。
一枚あたりの耐久性は4ヶ月~6ヶ月位です。
数枚もっていた方が良いです。

シートタイプ

シートタイプ

部分かつらになります。
生え際部分はシートタイプで頭いただ部は通常のネットになっています。
フロント生え際部分が薄いシートになっているため、前髪をあげ額を 出しても自然です。
生え際のシート部分は交換ができます。

装着方法は、フロントは両面テープ、サイド~バックにかけては、 金具、エクステ、ホック等で固定します。

部分かつら(オーダーメイド)01

部分かつら(オーダーメイド)

こちらの製品の特長は、分け目に最新のシルクスキンを使用しています。
シルクスキンは、非常に通気性があり長時間使用していてもウレタン素材に比べ蒸れません。

装着方法は、テープ・金具・エクステ式(24間着脱不要)ホック全てできます。

部分かつら(オーダーメイド)02

部分かつら(オーダーメイド)

こちらは、生え際を見せるタイプの製品です。
フロントの素材は極薄 ネットを使用。旧タイプは厚みがある為、生え際の自然さに 欠けましたが、最新のかつらでは、生え際を見せてもとても自然な 仕上がりです。
毛質は人毛~人工毛全てできます。

装着方法は、 テープ・金具・エクステ式(24間着脱不要)ホック全てできます。

部分かつら(オーダーメイド)

かつらのベース全体を、極薄ネットだけで作製しました。
通気性があり、とても軽量で疲れません。
毛質は人毛~人工毛全てできます。

装着方法は、テープ・金具・エクステ式(24間着脱不要)ホック式全てできます。

部分かつら(オーダーメイド)04

部分かつら(オーダーメイド)

こちらの製品は、極薄ネットで全体を作製しています。前髪は上げて も、下ろしても両方楽しめます。
素材が薄く軽いので長時間使用 でも疲れません。
装着はテープ・金具・ホック等全てできます。
毛質は人毛~人工毛全てできます。

全頭かつら・円形脱毛症用(オーダーメイド)

こちらの製品は、全体にかぶるタイプです。ふち部全てが極薄スキンでできています。
軽量で通気性があり長時間使用でも疲れません。

装着は両面テープ毛質は人毛~人工毛全てできます。(カット前の状態です)。

部分かつら(オーダーメイド)05

部分かつら通常タイプ

かつらの新素材
かつら素材に人工毛(ET-S)を使用。人の髪と同じ風合いを見せ耐久性に 優れた画期的素材。人工的キューティクルをつくりだし、光の反射を おさえ毎日のかつらのセットが簡単にできるように改良されました。

軽量化されたかつら用ネットとベース

かつら用ネットには耐久性と柔らかさを兼ね備えた6角ネットを使い ベースは軽量化されたウレタンベースを採用。 通気性に優れた製品です。
人毛・人工毛・ミックス毛から選ぶ事ができます。 部分かつら通常タイプ フロントベースはウレタン使用。
トップは六角ネットで 非常に通気性があり、耐久性にも優れています。

装着方法は、フロント両面テープ、サイド~バックに かけては、金具、エクステ、ホック等で固定します。

お問い合わせはこちら

サイトに使用している画像について

画像の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください