仙台市のかつら専門店 Victoire(ヴィクトワール)|男性・女性・医療用・オーダーメイド

仙台市のかつら専門店Victoire(ヴィクトワール)は、一人ひとりに似合うかつらの作成・カット、購入後の調整までご対応いたします。

ホーム ≫ 男性用かつら ≫

男性かつら施実例のご紹介です

男性部分かつら オーダーメイド着用

こちらのお客様は、ご自毛が耳周りから襟足にかけては問題ないのですが
頭頂部の自毛が若干少なく部分かつらを使用しています。

使用ネット 5角形の網目のネット
網目の幅が広いので通常のネットよりも通気性はあり

取り付け方法

フロント テープ
サイド~バック 4か所金具
分け目 人工ヒフ
人毛100% 作成
ご自毛がくせ毛 製品にはパーマ

部分かつらオーダーメイド着用 

特長

使用ネット  スイス製のレースネット
レースネットは軽くて通気性があり着け心地は良いです。

分け目  人工ヒフ(シルクスキン)
見た目がとても自然で、本物の地肌から髪が生えているような感じです。

ヘアスタイルはワックスを付け、毛流れを前にもって来る事で
柔らかい雰囲気をだしています。

人毛7:人工毛3 ミックス
自毛が癖毛 かつらの毛にパーマ

取り付け方法

フロント テープ
サイド~バック 金具



 

男性かつらオーダーメイド 着用

特長

生え際は最新のナノスキンシート 額を出せるようにしています
分け目 シルクスキンを使用。
従来のウレタン素材に比べて通気性が良く蒸れにくいです

取り付け方法

フロント テープ 
サイド~バック 金具(他の装着も可能)
こちらのかつらをご利用いただいたお客様の声はこちら

男性部分かつら着用

特長

使用ネットネット 最新スイス製レースネット使用

レースネットの特長は、軽量で薄く通気性もあり
男性の部分かつらを作成する時には頻繁に使用します

かつらの仕様
分け目 人工のつむ
(つむじの大きさは縦×横が5cm位)

人毛100%使用
 

取り付け方法

フロント テープ
サイド~バック 金具(他の装着も可能)
こちらのかつらをご利用いただいたお客様の声

男性部分かつら着用

特長

人毛100%に白髪を20%入れています
白髪は人工毛を使用していますので必ずピーリングが起きます。

メンテナンス時 白髪のピーリングを伸ばす作業が入ります

※かつらに入れる白髪は、どのメーカーも人工毛を使用します。
 理由は、人毛の白髪だけを集める事が困難な為です。 

 かつらの仕様
 レースネットで作製
 軽くて蒸れにくいです。
 
 人毛が8割人工毛が2割のミックス毛
 

取り付け方法

フロント テープ
サイド~バック~ 金具

全頭かつらオーダーメイド着用

特長

フルウィッグの全頭オーダーメイド
全体を肌色のレースネットで作製

レースネットに1本植で作成していますので、
上から見た時に頭皮から毛が生えているように見えます。

仕様 人毛100%
頭皮の透け感を出したかったので毛量は少なめ

詳細はブログに記載

※ネットに植える毛の本数は、1本植が一番綺麗で自然です。
 ただし、時間と手間がかかりますので
 ある程度の熟練した技術者でなければできません。
 当店では、熟練した技術者がいる工場と提携をしていますので
 ご安心してください。
 
 
 
 

取り付け方法

フロント~サイド~バック テープ

毛質は人毛~人工毛全てできます。

フルウィッグのセミオーダー着用

セミオーダーはS.M.Lのスリーサイズから用意してあります。
男性の場合は、Lサイズが多いです。

女性用ウィッグ(セミオーダー)との違いは、男性用はもみあげ付きが良いです。
男性のヘアスタイルは、もみあげの長さを短く切り込むスタイルが多いのでウィッグでもみあげが付いていないとかなり不自然です。

来店時在庫が無い時は注文になり約50~60日かかります。

人毛100%で作成。

※上の写真のお客様とヘアスタイル、服装、服の色、が似ていますが、
 違うお客様になります。

取り付け方法

フロント~サイド~襟足 テープ
「こちらのお客様は、趣味でサッカーをやられていますが、
 かつらが外れた事は無いと言っていました」
 

男性部分かつらオーダーメイド着用

特長

肌色レースネットで作製
人工ヒフ 無し
1本植ですので、真上から見る地肌から髪の毛が生えているよに見えます。
軽量で蒸れにくいです。


 

取り付け方法

フロント テープ
サイド~バック 金具

男性部分かつらオーダーメイド着用

特長

肌色レースネットで作製
1本植で毛植えしていますので、
真上から見ると頭皮から髪の毛が生えているように見えます。
かなり自然です。
軽量で通気性があります。
詳細はブログに記載

取り付け方法

フロント テープ
サイド~バック 金具

カットで大切なこと

かつらのカットと自毛のカットではカットの仕方が違います。かつらのカットで大事な事は、お客様の自毛の長さとのバランスにあわせてカットできるかが重要になります。
私も25年以上の経験を持っているのですが、まだまだ修行中です。
多くの経験をしているという事は、それだけ多くの失敗もしています。
失敗の数だけ技術も上達していきます。
お客様は数年間かつらを使うわけですからストレスなく使っていただけるよう、今後も技術を磨いていきたいと思っています。

最新の分け目・シルク素材で通気性が抜群!

他社メーカー使用中の方でも分け目部分に人工皮膚を使ったかつらは多いと思いますが、人工皮膚はポリウレタン素材で作られているため通気が悪く汗でベタベタになりました。最新のシルク素材の分け目は、ウレタン素材のものよりは通気性があり、かなり長時間使用しても不快感が少なくなりました。

DSC03688 (1)_コピー

 

かつら装着方法

両面テープ

両面テープ

かつらのフロントにPU生地(ポリウレタン)を張り、
その部分に両面テープを着け頭に取り付けます。
非常に簡単な取り付け方法です。
テープの粘着力にも、普通のタイプと強力なタイプと
2種類あり生活環境に合わせて、使い分けもできます。

金具

金具

金具での取り付け方法が一番多いかと思います。
かつらのネットのふちに、4~5か所金具(ピン)を糸で縫い付けます。
頭の髪の毛に金具をかませるだけです。

取り外しが簡単ですので、自毛を洗う時とか就寝の時等、
短時間に外す事が出来ますのでかなり楽な取り付け方法だと思います。

エクステ式

エクステ式

24時間着脱不要です。水泳、激しい運動などをする方には
非常に向いている取付方法です。
エクステ式は、まずご自毛を1~2cm間隔で10か所~15か所毛束を固着していきます。
そこにかつらを載せ固定していきます。
一番外れにくい取り付け方法です。
 

お問い合わせはこちら

サイトに使用している画像について

画像の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。